2012年7月30日月曜日

Mountain Lion にした

前回(Lion にした) と同じように、
以下を軽くしらべておいた。

・Evernote やら Dropbox の Mountain Lion 対応
=> Dropbox はこのようなエントリがあった。
・VMware Fusion の Mountain Lion 対応
=> 特に問題はないらしい. http://blogs.vmware.com/teamfusion/2012/07/os-x-mountain-lion-released-to-the-masses.htmlに「VMware Fusion 4.1.3 currently runs on OS X Mountain Lion without any known major issues. 」とあり。
・MacPorts の Mountain Lion 対応
=> 2.1.2 にあげておいた。
・Xcode
=> Lion のままで 4.4 にしておいた

OS のアップグレードに要した時間はざっと1時間。
実行後3分で再起動かかり、
その後30分程して「残り8分」表示が突然「残り20分」に伸びた。。
SSD ならきっと速いんだろう。20-30分ほどで終了とかいう記事を目にしたし。

アップグレード後は、Snow Leopard => Lion の時と同様に、
MacPorts はまるっとインストールしなおした。(darwin11 => darwin12 へ変わったため)。その前に Command Line Tools は入れなおし。
makepasswd 以外は問題なく完了。依存する p5-crypt-passwdmd5 が入らなくなってたので、適当にパッチを作っていれた。チケットが切られているのだけど、どうもモジュール作者の名前が n に~がついた文字なので RE error になってるぽい。名前を置換するパッチなんてダメだよねー、と思ったのでなんも送ってない。

Java もいれなおし。

・困ったこと
Dashboard の世界時計がアホになった(地域と都市名がでず。他のところを選ぶこともできず)
=> ~/Library/Preferences/widget-com.apple.widget.worldclock.plist を削除して再起動したら直った

それ以外は今のところ問題なし。良好。
カーネルが x86_64 だけになったおかげで、/mach_kernel ちっさくなったね
% ls -lh /mach_kernel
-rw-r--r--@ 1 root wheel 7.8M 6 25 15:00 /mach_kernel
% uname -mrs
Darwin 12.0.0 x86_64

本体凹んでるけど Mid 2009 にはまだまだがんばってもらわんとな・・

0 件のコメント:

コメントを投稿