2018年8月5日日曜日

Go言語

しばらく主に使ってみることにする。

ギョームとは無関係。(コード書くお仕事ではないしね)
GOROOT が要る時期に一度かるく触り、その後しばらくしてまた軽く触った程度だったので今度は腰を据えて。

以下メモ

https://golang.org/
https://golang.org/dl/
/usr/local/go におくのが基本のよう。tar.gzなぞ選ぶと Installing to a custom location の説明がある。

goenv なるものはあるようだ
https://www.google.com/search?q=goenv

MacPorts だと build dependencies で 1.4 があるのだよな..謎
% port info go
go @1.10.3 (lang)

Description:          The Go programming language is an open source project to make programmers more
                      productive. Go is expressive, concise, clean, and efficient. Its concurrency
                      mechanisms make it easy to write programs that get the most out of multicore and
                      networked machines, while its novel type system enables flexible and modular
                      program construction. Go compiles quickly to machine code yet has the convenience
                      of garbage collection and the power of run-time reflection. It's a fast, statically
                      typed, compiled language that feels like a dynamically typed, interpreted language.
                      Go is developed by Google Inc.
Homepage:             https://golang.org/

Build Dependencies:   go-1.4
Platforms:            darwin, freebsd, linux
License:              BSD
Maintainers:          Email: ciserlohn@macports.org, GitHub: ci42
                      Policy: openmaintainer

とりあえず A Tour of Go は通しで見ておかないとお話にならなそうかな。
https://golang.org/doc/

'1' のリリースは 2012年だったようだ。6年しかたってないのか、いや、もう6年なのか。
https://golang.org/project/

https://github.com/golang/go/wiki/Learn
https://github.com/golang/go/wiki/FromXToGo

使われてる例
https://github.com/golang/go/wiki/SuccessStories

とっかかりのための本を探してみるとこんなのが 
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XJ86BFZ/
 '安いけどGo言語に関してはオンラインの資料が充実しているのでこのレベルの入門書を購入するのは不要だと思う。おすすめはA Tour Of Goで実行環境付きでGo言語を勉強できる' と書かれてたりする。ふむ。



0 件のコメント:

コメントを投稿