2014年5月18日日曜日

英語があまりできずにいたツケを解消する

仕事柄必要である環境なので(むしろここしばらく何年か、そのような環境を望んでいたのだけど)いよいよ解消するとき。気負いなくサクッと出張行けないとね、というのもあり。
今の状態としては
・ワイ、ドキュメント読んだり動画のヒアリングはそこそこできる(つもり)ンゴ
・思ってることが面白いくらい書けなくて時間がかかるンゴ・・・出力が弱いンゴ・・・
という。

「これ英語ドキュメントしかないんですねー。。」という愚痴(?)のようなのを聞くことがない環境であるのは自分にとっては嬉しい。
メールでバシバシ流れてるので参考にできそうな文はいただきまくれるし。

なんとなく触れる機会があれば身につくんじゃね?みたいな考えではいたけど、短かいスパンでちゃんと伸びてる感を確認しつつ、さほど時間かけないほうがむしろいいんじゃないのかと思う。

社のトレーニングで受けることも可能なんだけど、次回まで待たないといけないのであんまアテにしないでおく。

高専卒でいわゆる「英語が苦手な高専生」な時だったのでそのままできずにいたし、受験英語なんぞ全く知らずじまいにいて早10何年。
母校では、いつからか海外語学研修みたいなのがあるみたいなので今はそうでもないんだろうな。

最近使ってて自分にとって良い本はこれ。




文法弱いから「なるほどねー」と思うことがとても多くて複雑な気分である。
話す機会はどうにかして作らないとなーと思案中。

よくありがち(?)なのが「〜〜訛りはわかりにくいよねー」的な発言。これは避けたい。相手のを気にしてもしょうがないし、自分のを気にしてもしょうがない。自分のは改善したほうがいいとは思う。
あとは、メンタルブロックのようなものが大きいのかもしれない。


Redis の中の人のエントリは以外だったな。

 (翻訳)英語は私にとって15年にわたって悩みの種です 
 http://ymotongpoo.hatenablog.com/entry/2013/09/04/180103


0 件のコメント:

コメントを投稿