2013年12月26日木曜日

MariaDB でスレッドプール使ったらパフォーマンス悪化したの巻 #1

(ちょいちょいアクセスがきちゃってるようだけど、とくに有益な内容を書いているわけではないので内容箇条書きにさらっと書き直し)

環境MariaDB: 5.5.34
OS: Fedora 17

・Percona Server 5.1 -> MariaDB: 5.5.34 へ移行。
・これまでも同様の移行を実施ずみ
・今回はパフォーマンス低下 300~400msec で応答してたのが 2-3sec

・スレッドプール有効にしていたので無効に
(thread_handling=pool-of-threads をthread_handling=one-thread-per-connection へ変更)
 ・解消
・epoll 周りの不具合かと思ったけど分からず

0 件のコメント:

コメントを投稿