2011年5月7日土曜日

dotcloud ベータ利用開始した

中の人と知りあいであれば直接 invitation code が貰えるらしい。けどいないので、

http://www.dotcloud.com/
をみて Join our beta をぽちっとして申請、その後 (僕の場合2日後)、 Your DotCloud beta invitation なる件名で
メールがきて beta ユーザ登録完了。

メールのなかには
can forget about servers and focus on development:

などと書かれていて、 あぁ、(PaaS は)そんなかんじだねーと再認識するなど。

サーバのことは忘れて、「開発」のことだけ考える時間をふやすのが自分としてはよいのかもしれない。今後。


・・・で、アカウントを作成できたので、少しばかり dotcloud コマンドをぺしぺしと実行。アカウント作成後にみられる管理画面に Cheatsheet があるのでそれを叩いてみただけ。

・ dotcloud コマンドをつかえるようにする
easy_install dotcloud や pip install dotcloud で ok
僕の場合は Python 2.7.1 の virtualenv な環境下、後者で入れた。

・create , deploy
$ dotcloud create <appname>
で。test とか hoge とかはすでに利用されがち。↓
% dotcloud create test
error: "test" already exists.
% dotcloud create hoge
error: "hoge" already exists.

なのである程度考えた名前じゃないといつまでたっても already exists になるでしょう。。

とりあえず適当に iktestapp などという名前で create し、
その後 --type python 指定、iktestapp.www という名前でデプロイした。(Cheatsheet そのまま)

http://www.iktestapp.dotcloud.com/
をみて、ちゃんと動いているらしいのを確認。使えるようになるのがすんごく簡単。看板に偽りなしという感じ。

その後、姓や名で create して、名前を抑えておくなどしてみた。
また --type php で デプロイし、<?php phpinfo(); を書いたもの なぞおいてみてどんなか見てみた。
nginx + php-fpm で動いていた。ssh で入ってみても確認。ついつい中身どうなってるのかみてしまうね・・・。

その後は docstutorialに目を通しましょう、と。

0 件のコメント:

コメントを投稿